FEELPASS 利用規約

利用規約

第1条(目的)
1.この利用規約(以下「本規約」)は平安セレモニー株式会社(以下「弊社」)が提供する全てのサービス(以下「本サービス」)における利用条件を定めます。本サービスの利用者(以下「ユーザー」)は、本規約への同意をへて本サービスをご利用いただけます。

2.本規約とは別に、本サービス内で弊社が別途定める諸規定(ヘルプや注意書き等含む)は、それぞれ本規約の一部を構成します。合わせて確認をお願いします。


第2条(アカウントおよびパスワード)
1.ユーザーにはユーザーごとに一意のアカウントが発行されます。
2.パスワードは弊社が指定する条件(容易に推測できない、英数字の組み合わせ等)でユーザーが自ら指定するものとします。
3.アカウントとパスワードはユーザーが自己の責任で管理するものとし、ユーザー以外の第三者によりユーザーのアカウントが使用された場合でも、弊社は一切責任を負わないものとします。

第3条(ユーザー情報の提供)
ユーザーは弊社が事前に書面にて同意の上、申し込みされた会員情報を利用して新規利用登録(本人照合)を行うものとします。

第4条(ユーザー情報の変更)
1.ユーザーが弊社に届け出た事項に変更が生じた場合、ユーザーは、直ちに、弊社所定の方法により、弊社に届け出るものとします。
2.前項の届出が行われなかった(届出が遅滞しまたは不正確であった場合を含みます。)ことにより、弊社からの連絡、通知、請求等がユーザーに到達せずまたは遅延するなどした結果、ユーザーに損害が生じても、弊社は何らの責任も負わないものとします。

第5条(通知・連絡)
1.弊社とユーザー間の通知・連絡は、弊社所定の方法により行うものとします。
2.弊社のユーザーに対する連絡は、連絡の方法を問わず、通常到達すべき時期に到達したものとみなします。

第6条(禁止事項)
本サービスの利用にあたっては、以下の各号に定める行為を禁止事項とします。

1.本規約の条項に違反する行為
2.通常の範囲でのWebブラウザによる使用以外での特殊なアクセスを行う行為
3.大量のリクエストを本サービスのWebサイト又はアプリケーション(以下「本サイト等」といいます。)に対して発行し、システムに対する負荷をかける行為
4.本サービスを第三者に利用させる行為
5.アカウントを他者に譲渡、または貸与する行為
6.他人のアカウント、パスワードを本人の許可無く使用する行為
7.不正アクセスやクラッキングに相当する行為
8.法令に触れる行為
9.犯罪に関わる行為
10.本サービスについて転載、複写、複製、転送、抽出、加工、改変、送信可能化し、その他一切の二次利用をする行為、または貸与、販売、再配布、公衆送信、再使用許諾等を行ない第三者に利用させる行為
11.前号に定めるほか著作権、特許権等の知的財産権を侵害する行為
12.公序良俗に反する行為
13.社会的に不適切な行動と解される行為
14.その他、弊社が不適切と判断する行為

第7条(利用停止・アカウントの抹消)
1.ユーザーが、次の各号に定める事由のいずれかに該当するときは、弊社は、当該ユーザーとの本サービスに係る利用契約の全部もしくは一部(以下「本サービス利用契約」)を解約し、または、当該ユーザーへの今後一切の本サービスの利用停止もしくはユーザーのアカウントの抹消を行うことができるものとします。

 1.ユーザー登録の内容に虚偽がある場合
 2.弊社の求めに応じずユーザー情報を提供しない場合
 3.ユーザーが禁止事項を行った場合
 4.監督官庁より営業の許可取消し、停止等の処分を受けた場合
 5.支払停止もしくは支払不能の状態に陥った場合、または、手形もしくは小切手が不渡りとなった場合
 6.差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申立て、または、公租公課の滞納処分を受けた場合
 7.破産手続、民事再生手続、会社更生手続または特別清算開始の申立てが行われたとき。
 8.解散(合併による場合を除きます。)し、または、事実上その営業を休止もしくは停止した場合
 9.資産または信用状態に重大な変化が生じ、本規約その他本サービスに関する規約に定めるユーザーの義務の履行が困難になる恐れがあると弊社が認めた場合
 10.その他、本サービスの利用の継続が不適当であると弊社が認めた場合

2.前項の場合、ユーザーは、弊社からの何らの通知催告も要せず、弊社に対する一切の債務について期限の利益を喪失するものとし、直ちにすべての債務を一括して弁済するものとします。

3.第1項に定める本サービス利用契約の解約、本サービスの利用停止またはアカウントの抹消によってユーザーが被った損害について、弊社は何らの責任も負わないものとします。

第8条(反社会的勢力)
1.ユーザーと弊社は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約するものとします。
 1.自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」)ではないこと。
 2.反社会的勢力と自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的もしくは第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係または反社会的勢力に対して資金等を提供しもしくは便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運営に協力しもしくは関与している関係を有しておらず、将来にわたっても関係を持たないこと。
 3.自らまたは第三者を利用して本サービスに関して暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の業務を妨害し、または信用を毀損する行為等を行わないこと。

2.ユーザーまたは弊社が、前項の確約に違反したときは、その相手方は、何らの催告を要せずに、本サービス利用契約の全部または一部を解約することができるものとします。この場合、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行わないものとします。

3.ユーザーが第1項の確約に違反したときは、弊社は、前項に定めるほか、当該ユーザーへの今後一切の本サービスの利用停止、ユーザーのアカウントの抹消を行うことができるものとします。この場合、前条第3項の定めを準用するものとします。

第9条(サービスの種類・利用範囲)
1.本サービス利用は、無料とします。
2.本サービス利用は、日本国内と限定します。
3.本サービスの掲載店舗は新潟県上越市、妙高市、新井市、糸魚川市のみに限定します。

第10条(アプリケーション)
1.本サービスの一部は、ユーザーの携帯端末で本サービスのアプリケーションをインストールすることにより使用することができます。使用可能な携帯端末のOSは別途弊社が指定します。
2.本サービスをパソコンや携帯端末で使用する場合の通信料はユーザーの負担とします。
3.本サービスをパソコンや携帯端末で使用する場合、通信速度の低下、通信回線の不具合・事故、通信環境の悪化等により、ユーザーに損害が生じたとしても、弊社は一切責任を負わないものとします。本サービス利用契約が終了した場合、ユーザーは本サービスのアプリケーションをダウンロードした一切のパソコン、携帯端末からアプリケーションをアンインストールするものとします。

第11条(ユーザーがアップロードした情報)
1.弊社は、本サービスに登録された情報、コンテンツの保護に最大限の注意を払います。ただし、ユーザーの情報、コンテンツの管理はユーザーの責任において行うものとし、ユーザーの過失などによるデータの削除・滅失について、弊社は一切の責任を負わないものとします。
2.本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する所有権および知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。
3.弊社は、ユーザーが本サービスにアップロード、共有、保存しているテキスト、データ、情報、ファイルなどのいかなるコンテンツの所有権および知的財産権も請求しません。本サービスは、ユーザーがドキュメントを共有したり別の端末で開いたりする機能などを弊社がユーザーに提供するものです。
4.ユーザーのコンテンツに誰がアクセスできるかはユーザーが制御します。プライバシーポリシーに定められている一定の場合に弊社はユーザーのコンテンツを他者と共有することができるものとしますが、それ以外の場合に弊社がユーザーのコンテンツを他者と共有することはありません。

第12条(著作権の保護)
弊社は、米国デジタルミレニアム著作権法と一貫性のある著作権侵害の明確な通知に対応します。著作権侵害に基づく削除についての弊社のポリシー等については、こちらをご覧ください。

第13条(ユーザーの責任)
1.本サービス上での、ユーザー間あるいはユーザーと第三者間で発生した問題につき、当該ユーザーは自己の責任と費用において、当該問題を解決しなければならず、弊社は一切の責任を負いません。
2.本サービス上でユーザー自身が登録・公開した情報に関して発生した問題については、当該ユーザーがすべての責任を負担するものとし、弊社は一切の責任を負いません。

第14条(有効期間)
1.本サービス利用契約の有効期間は、本サービスの利用開始日から平安セレモニー互助会会員の有効期間とします。

第15条(一時的な中断および提供停止)
1.弊社は、次の各号に定める事由のいずれかの事由がある場合には、ユーザーに対する通知なく、本サービスの全部または一部の提供を中止または一時的に中断することができるものとします。

 1.本サービスを提供するためのシステム、ソフトウェア、サーバー等の保守・更新等を行う場合。
 2.本サービスを提供するためのシステムに過大な負荷がかかり、または不正アクセス等によりセキュリティ上の問題があると弊社が判断した場合。
 3.火災、停電、地震その他天災により本サービスの提供が困難となった場合。
 4.戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供が困難となった場合。
 5.前各号のほか、運用上または技術上、本サービスの提供の中止または一時的な中断が必要と弊社が判断した場合。
2.前項の本サービスの提供の中止または一時的中断について、弊社は何らの責任も負わないものとします。

第16条(本サービス内容の変更)
1.弊社の都合により本サービスの内容を追加・変更・削除(以下「変更等」)する場合があります。
2.弊社の都合により本サービスの提供を終了する場合があります。本サービスの提供を終了する場合、終了の30日前に本サイト等上で告知をおこないます。

第17条(権利義務譲渡の禁止)
ユーザーは、弊社の事前の書面による承諾がなければ、本サービスのユーザーとしての地位並びに本サービスに係る権利義務の全部または一部を第三者に譲渡してはならないものとします。

第18条(プライバシー・個人情報)
1.弊社は、お客様のプライバシーを尊重しています。
2.ユーザーのプライバシーおよび個人情報の取扱いについては、弊社が別途定めるプライバシーポリシーその他の規程によることとします。
3.弊社は、お客様から収集した情報を安全に管理するため、セキュリティに最大限の注意を払っています。

第19条(ヨーロッパにおける守秘とされる権利)
ヨーロッパ在住者のみ該当  弊社は、GDPRを含むデータ保護法上、プロセシングの法的根拠がある場合に限り、お客様の個人情報を収集しプロセシングします。法的根拠は、弊社がお客様の個人情報をプロセシングする目的によります。弊社は、お客様の個人情報を以下の場合に限り収集し使用します。
1.本サービスの運営、顧客サポートと顧客仕様の商品の提供と本サービスの安全と保護を確保することを含むサービスの提供に必要な場合
2.調査と開発、本サービスの販売と促進、さらには、弊社の法律上の権利と利益の保護等の合法的な利益(お客様の権利と利益を害しない程度)を得るのに必要な場合
3.お客様が特定の目的のために収集使用に同意した場合、または法律上の義務を遵守するためにお客様の個人情報をプロセシングする必要がある場合
お客様が特定の目的のために個人情報を使用することに同意した場合でも、お客様には、いつでも考えを変える権利があります。

一定の状況において、お客様は、自己の個人情報に関してGDPR上の権利を有します。ただし、これらのデータを秘密にする権利は、弊社が、お客様の個人情報を、弊社の顧客のためにデータをプロセスする者としてプロセシングする場合は、弊社には適用されません。 その場合は、お客様のヨーロッパでのデータを秘密にする権利は、弊社の当該顧客(つまり、データコントローラー)に対して行使してください。

個人情報へのアクセス要求 お客様には、弊社が保有しているお客さまの個人情報と個人情報をプロセシングする目的、個人情報の受け取り手もしくは受け取り手の範囲、そして、可能な場合は、個人情報が保管される期間、個人情報の情報源、自動判断システムが存在するか否かを含む関連情報へのアクセスを要求する権利がある場合があります。
個人情報の修正要求 お客様には、弊社が保有するお客様の個人情報の不正確部分を不合理な遅滞なく訂正させる権利がある場合があります。
個人情報の消去要求 お客様には、お客様の個人情報の消去を要求する権利がある場合があります。
個人情報のプロセシングの制限要求 お客様には、お客様の個人情報のプロセシングを禁止もしくは制限する権利がある場合があります。
個人情報の転送要求 技術的に可能な場合は、お客様には、お客様の個人情報を直接第三者に転送させる権利がある場合があります。

お客様が、弊社はこの個人情報の保護に関する方針やGDPRにいう義務を遵守していないと考える場合は、お客様には、EUデータ保護当局へ苦情を申し立てる権利があります。
弊社は、日本に本社を置く会社です。 また、クラウドプロバイダー、Webホスティング、ヘルプデスクのソフトウェアプロバイダー、支払いプロセッサーなど、さまざまな国のサードパーティのサービスプロバイダーと連携しています。 お客様の情報は当社の事業運営の一環として、欧州経済地域(EEA)外に移転され、他の国(日本、シンガポールおよび米国を含む)で保管または処理されます。 本サービスを使用することにより、お客様は、ご自身の情報がこれらの場所に転送されることに同意したことになります。個人情報をEEAから欧州コミッションが十分性の認定をしていない国に移転する場合、弊社は、欧州委員会が承認した標準契約条項やEU-U.S秘密保護枠組といった、情報移転の適正な安全措置に依拠します。

第20条(秘密保持)
1.ユーザーと弊社は、相手方が、機密情報であることを事前に明示して、または、開示後14日以内に別途書面で当該情報が機密情報であることを明示して開示した相手方の技術上または営業上その他業務上の一切の情報を、相手方の事前の書面による承諾を得ないで第三者に開示または漏洩してはならず、本サービス利用契約の遂行のためにのみ使用するものとし、他の目的に使用してはならないものとします。ただし、情報を受領した者は、自己または関係会社の役職員若しくは弁護士、会計士または税理士等法律に基づき守秘義務を負う者に対して機密情報を開示することが必要であると合理的に判断される場合には、本条と同等以上の義務を負わせることを条件に、情報を受領した者の責任において必要最小限の範囲に限って機密情報をそれらの者に対し開示することができるものとします。
2.前項の規定は、次のいずれかに該当する情報については、適用しないものとします。
 1.開示を受けた際、既に自己が保有していた情報
 2.開示を受けた際、既に公知となっている情報
 3.開示を受けた後、自己の責めによらずに公知となった情報
 4.正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報
 5.相手方から開示された情報によることなく独自に開発・取得していた情報
3.本条の定めは、本サービス利用契約終了後3年間有効に存続するものとします。

第21条(免責事項)
1.弊社は本サービスの提供にあたり、本サービスの欠陥、本サービスの提供の停止および終了、情報の削除および変更、並びにそれらが原因で発生したユーザーまたは第三者への損害に対し、故意がある場合を除き一切の責任を負いません。
2.弊社は、本サービスを監視する義務を負いません。本サービスを利用したことにより発生した、ユーザーまたは第三者への損害に対し、故意がある場合を除き一切の責任を負いません。
3.禁止行為を行ったユーザーの情報に対して、情報開示や情報の削除をおこなう場合があります。その際、ユーザーは、弊社の行った処置について、異議を申し立てることはできないものとします。

第22条(規約の変更)
本規約は、予告無しに変更される場合があります。規約変更の際、ユーザーの皆様に個別通知することは致しかねますので、本サイト等のご利用の際には、随時最新の利用規約をご確認ください。
2.変更後の規約は本サイト等上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第23条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第24条(管轄裁判所)
本規約に関連する紛争については、新潟地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

第25条(存続条項)
本規約のいずれかの部分が無効である場合も、本規約のその他の部分は有効性には影響がないものとします。

以上

最終更新日:2019年1月1日 制定・施行